敏感肌ならケアの方法を見直すべき|美肌になるために

敏感肌の対処法

美容液

原因によって違う対処法

敏感肌とは、皮膚の表面にある角質層が何らかの原因により、本来の働きをせず、外からの刺激に弱くなっている肌のことを言います。敏感肌には大きく分けて二つのタイプがあります。体質的な敏感肌と、後天的に敏感肌になるタイプのものがあります。それで、タイプにあった対処が必要です。ではどのようにできるでしょうか。体質的な敏感肌であるなら、皮膚科を受診し、アレルギー反応を起こす原因を特定するとよいでしょう。アレルギー反応を起こす成分を含まない化粧品を選ぶようにします。後天的な敏感肌であるなら、刺激の少ない化粧水を使用するようにします。刺激となる成分は主にアルコールや香料です。そして、クレンジング不要のメイクをするとよいでしょう。ベースメイクは、高保湿の美容液と、油分の少ないファンデーションで作ります。化粧下地、BBクリーム、日焼け止めは洗顔料で落ちにくいため使用は控えましょう。セラミドは優れた保湿効果があり、ファンデーションは紫外線を防ぐためにも必要です。リキッドやクリームのファンデーションは油分が多いので使用は控えましょう。油分の少ないファンデーションは、ミネラルファンデーション、フェイスパウダー、ルースファンデーションの3種類がおすすめです。これらは刺激が少ない製品が多いからです。とはいえ、肌に合うかどうかは人それぞれなので、サンプルなどで試してみるのは大切です。このように自分のお肌に合った対処をすることができます。それは敏感肌改善に欠かせないものです。