敏感肌ならケアの方法を見直すべき|美肌になるために

敏感肌の対処法

敏感肌には体質的なものと、後天的になったものとがあります。ですから、自分のお肌に合った対処が必要です。原因となるものを見極めて化粧品を選ぶようにしましょう。刺激の少ない化粧水を選び、クレンジング不要なメイクをするようにしましょう。それは敏感肌改善に欠かせません。

美容液で対策しましょう

敏感肌は水分と油分が減少することで起こります。解決方法は適切な化粧品を使うことです。ノンケミカル成分が入っていたり、セラミドなどの保湿成分が含有されている美容液が効果的です。また、近年はヒフミドという保湿成分も登場しているので、その成分が配合されているものを使うのもおすすめです。

バリア機能の回復が鍵

増加を続ける敏感肌を自覚される方々に、敏感肌用の化粧品は手軽にお手入れ出来ると重宝されています。お値段はリーズナブルなものから高価なものまで豊富なバリエーション販売されています。お手入れのポイントは保湿で、バリア機能をいかに健康的に導くかが鍵になります。

敏感肌のケアのコツ

レディ

基礎化粧品は入浴後すぐに

敏感肌の方は毎日のケアを丁寧にすることが大切です。特に肌のお手入れに欠かせない基礎化粧品は正しく使わなければ、肌の状態を悪化させてしまうことになります。基礎化粧品はお風呂上がりにつけるというのは基本的なケアの方法ですが、入浴後すぐにつけることが重要です。髪を乾かしてから化粧水をつけたり、先に家事を済ませた後では、その間にどんどん肌から水分が失われてしまいます。肌が十分に水分を含んでいるうちにお手入れをして、しっかり浸透させてあげましょう。また、敏感肌には直接刺激を与えると大きなダメージを受けてしまいます。手の細菌や汚れが心配だからコットンを使って化粧水をつけているという方は一度ケアの方法を見直してみましょう。コットンやガーゼは一見肌に優しそうに思えますが、ゴワゴワしているので肌の角質層が傷ついてしまっている可能性があります。コットンを使うとどうしても擦ってしまいがちになってしまうので、敏感肌には負担が大きくなってしまいます。手のひらで優しく抑えるようにして、肌に化粧水をつけていくと良いでしょう。もちろん、手を石鹸で清潔に洗っておくことは忘れてはいけません。敏感肌用の化粧品はたくさんありますが、基本的なお手入れ方法が間違っていては効果を十分に発揮することができず、逆効果になってしまう場合もあります。毎日のお手入れをお風呂上がりに正しく丁寧に行って、肌を優しく労ってあげるようにしましょう。